「シビックセダン」クリスタルレッド・メタリックの磨き&ボディガラスコーティング・・飯野自動車コーティング

①画像は、鏡面状に磨き上げ、ボディガラスコーティングを施工した。シビックセダン新車・納車直後の完成車両です。

 

作業内容は以下で説明します。

 

②新車であっても、磨きます。雨染みや、ガードワックスの残り、粉塵のザラツキや、その他の汚れを取り除いて、塗装面を完全な形に磨いています。

 

施工の良し悪しは、(磨きの良し悪し)で決まります。

 

③完全脱脂後、ガラスコーティング液を開封しまして、ボディガラスコーティング液をスポンジで塗布します。

 

直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる作業を繰り返します。

 

④ガラスコーティング液が硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか、毎回、色々な角度から仕上げています。

 

ムラや拭き残しを二人で仕上げています。苦労の跡を解って頂けたら嬉しいです。

 

⑤画像は、最後の仕上げが終了したシビックセダンです。深みのある艶と鮮やかな光沢。

 

長い緊張の時間が無事終了して、「ほっと、しています」 

 

「お車は、大切に扱わせて頂きました。今回は、ご依頼いただきありがとうございました」