ブログ~日々の標に

 

店主の毎日の仕事振りを「日々の標(しるべ)」としてご紹介しながら、ときどき趣味の話なども・・。

 

2021年

7月

30日

動画「アウディ・A6」2015年式・ウーロングレーメタリックの磨き&ボディガラスコーティング

今回は2015年式・アウディ・A6 ウーロングレーメタリックの仕上げです。 念には念を入れて、仕上げています。 深みのある艶と綺麗な光沢です。 角度を変えて、ムラや拭き残しを仕上げています。 苦労の跡を解って頂けたら嬉しいです。

 

 

2021年

7月

24日

動画「ホンダ・フィット」2020年式試乗車・プレミアムクリスタルレッド・メタリックの磨き&ボディガラスコーティング

今回は、「ホンダ・フィット」2020年式試乗車

 

プレミアムクリスタルレッド・メタリック仕上げです。

 

マスキングを外して隅々を仕上げます。

 

ガラスコーティングが完全に硬化する前に、

 

ムラや拭き残しが無いか、色々な角度から仕上げています。

 

念には念を入れ、外に出してしあげています。

 

深みのある艶と綺麗な光沢です。

 

角度を変えて、ムラや拭き残しを仕上げています。

 

苦労の跡を解って頂けたら嬉しいです。

 

2021年

7月

17日

「トヨタ・プリウス」2015年式・エモーショナルレッドの磨き&ボディガラスコーティング

①画像は、新車の様ですが、2015年式・トヨタ・プリウスのボディガラスコーティング施工が終了したものです。

 

中途半端な作業でない事を、以下の画像で確認して下さい。

 

②作業内容は、中目処理磨きからです。塗装面は、雨染みだらけで、薄い膜がかかった状態でした。その為フルマスキングで、丹念に磨きを繰り返しました。

 

粉砕型のコンパウンドを使い「中目処理~細目処理~微粒子~超微粒子の磨き処理で施工しました」長~い磨き作業でした。

 

③次に、ギヤアクションポリッシャーを使って、粉砕型の細目磨きが、続きます。

 

「細目処理~極細目~微粒子~極微粒子~超微粒子の磨き処理です」

 

一番重要なのは、確実な「磨き」だと心掛けています。

 

④毎日コンパウンドを替えながら磨き続けました。最後に念の為、オーロラ防止のダブルアクション磨きです。

 

ポリッシャーを替え、コンパウンドも替え、細かいバフとコンパウンドで最終の仕上げ磨きです。 

 

⑤ガラスコーティング液をスポンジで塗布します。直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる。

 

この作業をパネル一面ごとに、繰り返します。ムラが出ない様丁寧な施工が必要です。

 

⑥ガラスコーティングが完全に硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか、休みなく作業しています。画像は、仕上げ拭きの最中です。磨き&ガラスコーティング後の塗装面は、透明感があります。

 

(硬化する時間との競争です)仕上がりはまだ先です。エンブレムなどの細部の汚れやコーティングの余剰分をマイクロクロスを巻きつけた楊枝で仕上げました。

 

⑦完成画像です。深みのある艶と綺麗な光沢「トヨタ・プリウス」のガラスコーティングが、ようやく終了しました。

 

「以前にされていたコーティングが、完全でなかった為、コーティングは、ハードな物を使用しました。磨く前との外観の違いは、一目瞭然です。真の艶を甦らせることができました」

 

施工後の外観は、細部までこだわった磨き&ガラスコーティングで、完璧な輝きです。「毎日、毎日、地味に黙々セッセ」と作業を続けた結果が、出ました。

 

「今回は、ボディガラスコーティング専門店・飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」

 

2021年

7月

14日

動画「スバル・レヴォーグ」マグネタイトグレー・メタリック新車の磨き&ボディガラスコーティング

今回は、新車のスバル・レヴォーグの仕上げです。

 

マスキングを外して隅々を仕上げます。

 

レヴォーグのエンジンです。

 

ガラスコーティングが完全に硬化する前に、

 

ムラや拭き残しが無いか、色々な角度から仕上げています。

 

念には念を入れ、外に出してしあげています。

 

深みのある艶と綺麗な光沢です。

 

角度を変えて、ムラや拭き残しを仕上げています。

 

苦労の跡を解って頂けたら嬉しいです。

 

2021年

7月

10日

「ホンダ・フィットe:HEV」在庫・プレミアムサンライトホワイト・パールの磨き&ボディガラスコーティング

①画像は、鏡面状に磨き上げ、ボディガラスコーティングを施工した。ホンダ・フィットe:HEV・在庫の完成車両です。

 

長年コーティングを専門に営業してきました。施工しましたこのNANO-FIL ガラスコーティングは、ホワイト・パールに抜群の効果を発揮します。

 

作業内容は以下で説明します。

 

②在庫なので、当然磨きます。粉砕型コンパウンド+ダブルアクションポリッシャーで、雨染みや、ガードワックスの残り、ザラツキや、その他の汚れを取り除いて、塗装面を完全な形に磨いています。

 

完全な新車に戻りました。

 

③脱脂後、コーティング液を開封しまして、ガラスコーティング液をスポンジで塗布します。直線状にムラや隙間ができないように塗布。

 

マイクロファイバークロスで拭き上げる作業を繰り返します。

 

④ガラスコーティングが完全に硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか、毎回、色々な角度から仕上げています。

 

角度を変えて、ムラや拭き残しを二人で仕上げています。苦労の跡を解って頂けたら嬉しいです。

 

⑤最後の仕上げが終了したホンダ・フィットe:HEVです。深みのある艶と綺麗な光沢。長い緊張の時間が無事終了しました。

 

「思い通りの仕上がりにほっと、しています」 

 

「今回もボディガラスコーティングを飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」

 

2021年

7月

06日

動画「日産・キックス」ダークブルーの磨き&ボディガラスコーティング

日産が誇るe-POWERリーフの技術を応用

 

日産・キックス・ダークブルーの

 

ボディガラスコーティングの仕上げです。

 

細かな部分を、ガラスコーティング液が硬化する前に、

 

毎回、色々な角度から見ながら仕上げます。

 

ただ、無心に黙々、コツコツと仕上げています

 

新車でも磨きとガラスコートティングで艶と光沢が増します。

 

苦労の跡を解って頂けたら嬉しいです。

 

深みのある艶を求めて硬化する時間との競争でした。

 

内側の隅々も丁寧に仕上げます。

 

 

2021年

7月

03日

「アウディ・A6」2015年式・ウーロングレーメタリックの磨き&ボディガラスコーティング

①画像は、隅々と内側の仕上げも終り、深みのある艶となめらかな光沢の「アウディ・A6」のボディガラスコーティングが終了したものです。

 

綺麗な光沢と、存在感、ガラスコーティング前との外観の違いは、一目瞭然です。

 

作業工程は、以下になります。

 

②あまり良いコンディションでなかった為『出来る限りの磨きをしなければ』と「中目処理~細目処理~微粒子~超微粒子の磨き処理」での磨き施工です。

 

粉砕型の中目コンパウンドの長~い磨き作業が、続きました。

 

③次に、ギヤアクションポリッシャーを使って、粉砕型の細目磨きが、続きました。

 

「細目処理~極細目~微粒子~極微粒子~超微粒子の磨き処理です」

 

一番重要なのは、確実な「磨き」だと心掛けています。

 

車全体の長~い磨き作業が続きました。

 

④ようやく最終の仕上げ磨きです。ポリッシャーを替え、コンパウンドも替え、車全体を細かく仕上げていきます。最高の下地調整です。

 

⑤ガラスコーティングは、ECHELON ・ NANO-FIL ガラスコーティング剤を塗布しました。

 

直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる。この作業をパネル一面ごとに、繰り返します。

 

「素早く、確実に」

 

⑥ガラスコーティング液が硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか、一生懸命作業しています。最後の仕上げです。内側も仕上げます。

 

(硬化する時間との競争です)

 

⑦ようやくボディガラスコーティングが、終了しました。うっとりする様な外観と、圧倒的な存在感、外での最後の仕上げも終了しました。新車時の艶が蘇り、お手入れは水洗いだけで、OKです。

 

塗装面の長期保護及び汚れの固着を防ぎます。 

 

「今回は、ボディガラスコーティング専門店・・飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」

 

2021年

6月

26日

「ホンダ・フィット」2020年式試乗車・プレミアムクリスタルレッド・メタリックの磨き&ボディガラスコーティング

①素晴らしい光沢と、存在感。画像は、鏡面状に磨き上げ、ボディガラスコーティングを施工した。「ホンダ・フィット」2020年式試乗車の完成車両です。

 

作業内容は以下で説明します。

 

②まず最初に洗車作業です。たっぷりの水で汚れを除去。この後、タイヤとホイールの洗浄・塗装面のザラツキ除去。

 

最後に脱脂作業を兼ねて、車全体をスポットリマーで作業しました。

 

毎回ですが、水道のホースは、肩にかけて、ボディーにキズが付かないように、注意しています。

 

③飛び石の剥がれが目立ったので、磨く前に、プレミアムクリスタルレッド・メタリックのタッチアップペイントの作業を優先しました。

 

④濃色の2020年登録の中古車です。小キズやヘアースクラッチを除去する為に、ギヤアクションポリッシャーを使って、粉砕型の細目磨きから始めました。

 

「細目処理~極細目~微粒子~極微粒子~超微粒子の磨き処理で施工です」

 

一番重要なのは、確実な「磨き」だと心掛けています。

 

車全体の長~い磨き作業が続きました。施工の良し悪しもこの作業次第です。

 

⑤次に、超微粒子のコンパウンドとダブルアクションポリッシャーで、塗装面を整えます。磨きで、平坦な塗装面を作り上げます。

 

毎回の事ですが、慎重に、細かく作業します。

 

施工の良し悪しは、(磨きの良し悪し)で決まります。

 

⑥脱脂後、密封してあるガラスコーティング液を開封しまして、それをスポンジで塗布します。直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる。この作業をパネル一面ごとに、繰り返します。

 

「技の全てを使い・素早く、確実に、適量をムラ無く塗布して拭き上げる。根気が必要です」

 

⑦外に出して、太陽光で、仕上げます。ガラスコーティング液が硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか、見落としはないか、色々な角度から見ながら仕上げます。

 

「毎回、室内の蛍光灯だけでは、気が付かない箇所が必ずあるので、集中して作業を進めています」

 

⑧マスキングを外して、ボディガラスコーティングが、終了しました。深みのある鮮やかな光沢と、存在感、外での最後の仕上げも終了しました。

 

「磨きとガラスコーティングには、こだわっています。長く綺麗に乗って頂く為、材料も吟味して、テストもかさねています」

 

「今回もボディガラスコーティング専門店・飯野自動車コーティングへご依頼いただきありがとうございました」

 

2021年

6月

19日

「スバル・レヴォーグ」マグネタイトグレー・メタリック新車の磨き&ボディガラスコーティング

①画像は、隅々と内側の仕上げも終り、ボディガラスコーティングが終了した「スバル・レヴォーグ」です。毎回ですが、ガラスコーティング前と施工後の光沢の違いは、一目瞭然です。

 

作業工程は、以下になります。

 

②当店の洗車作業です。たっぷりの水で汚れを除去。この後、タイヤとホイールの洗浄・塗装面のザラツキ除去。最後に脱脂作業を兼ねて、車全体をスポットリマーで作業しました。

 

毎回ですが、水道のホースは、肩にかけて、ボディーにキズが付かないように、注意しています。

 

③新車であっても、洗車後の塗装面のチェックは厳しく行っています。シングルアクションポリッシャーとコンパウンドで部分を磨きました。

 

水垢やガードワックスの残り、汚れなどを除去しながら、塗装面を整え、鏡面状に磨きます。

 

④時間短縮で、ディーラーや他店ではあまり気にしない磨きも真剣な磨きで、鏡面状に磨き上げています。

 

ダブルアクションポリッシャーで、汚れを取り除いて、塗装面を完全な鏡面に磨きあげています。

 

新車でも光沢の違いを解かって頂けるのは、明らかだと思います。

 

⑤次の作業は、しっかりと磨きあげて、美しい状態に仕上がったボディに脱脂作業後、ガラスコーティングを施工します。

 

ガラスコーティング液を直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる作業をパネル一面ごとに、繰り返します。 

 

⑥ガラスコーティングが硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか休みなく一生懸命の作業をしています。

 

外に出して、太陽光で、ガラスコーティングの拭き残しや、ムラがないか確認しながら、仕上げます。「室内の蛍光灯だけでは、気が付かない箇所が必ずあります」

 

最後の拭き上げ作業です。内側も仕上げます。

 

「当店は毎日こういう形で、黙々と施工をしています」  

 

⑦ボディガラスコーティングが終了しました。新車でしたが、深みのある艶と綺麗な光沢で、美しさの増したスバル・レヴォーグ新色「マグネタイトグレー・メタリック」の完成です。

 

「これで塗装面の劣化や色褪せなどを長期間保護します」 

 

「今回は、ボディガラスコーティング専門店・・飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」

 

2021年

6月

14日

動画「ホンダ・ステップワゴンSPADAホワイト・パール」磨き&アフター・メンテナンス

アフターサービスでも仕事には、妥協しません。

 

繰り返し、車全体を徹底的に磨き上げたあとです。

 

細部をチェクしながら、マスキングを外します。

 

ムラや拭き残しが無いか、見落としはないか、色々な角度から仕上げています。

 

3年過ぎのステップワゴンには、見えないです。

 

『黙々、コツコツと施工していま~す』

 

「今回は、ありがとうございました」

 

2021年

6月

11日

「日産・キックス」ダークブルーの磨き&ボディガラスコーティング

①画像は、新車の日産・キックス・ダークブルーのボディガラスコーティングの完成車です。

 

洗車作業後「2工程の磨きは必要」と判断し、念入りに作業しました。濃紺独自の高級感があります。

 

作業内容は、以下で説明します。

 

②日産・キックスの洗車作業です。たっぷりの水で汚れを除去。この後、ザラツキ除去。

 

最後に脱脂作業を兼ねて、車全体をスポットリマーで作業しました。

 

③「部分2工程の磨きが必要です」シングルアクションポリッシャーとコンパウンドで磨きます。

 

この工程で、小キズや、付着物を綺麗にします。

 

④次にダブルアクションポリッシャーで、雨染みや、ガードワックスの残り、その他の汚れを取り除いて、塗装面を完全な形に磨いています。

 

新車でも光沢の違いを解かって頂けるのは、明らかだと思います。

 

⑤脱脂後、新品のボディガラスコーティング液を開封しまして、ガラスコーティング液を塗布します。直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる。この作業をパネル一面ごとに、繰り返します。

 

『拭き残しやムラが出ない様、毎回、素早く確実な施工をしています』

 

⑥室内の照明で発見出来なかった細かな部分を、ガラスコーティング液が硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか、見落としはないか、毎回、色々な角度から見ながら仕上げます。

 

『ただ、無心に黙々、コツコツと施工しています』

 

⑦ボディガラスコーティングが終了しました。新車でしたが、深みのある艶と鮮やかな光沢の日産・キックスの完成です。

 

「長い間磨きとボディガラスコーティングを施工していますが、新車でも磨きとガラスコートティングで艶と光沢が増します。何時も完成車は、鏡のように周囲の風景を映し出しています」

 

「今回は、ボディガラスコーティングを飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」 

 

2021年

6月

07日

記憶に残る「ホンダ・シビック MUGEN RR(無限ダブルアール)」の磨き&ボディーガラスコート

①2012年7月にボディガラスコーティングを施工した・無限ダブルアール・の画像です。しっかり記憶に刻まれています。聞くところよると、ミラノレッドの為ボンネットに変色が現れだしたそうです。

 

大切に乗り続けて下さい。

 

飯野自動車コーティング

 

2021年

6月

05日

「ホンダ・ステップワゴンSPADAホワイト・パール」磨き&アフター・メンテナンス

①画像は、3年過ぎのステップワゴン・スパーダのアフター・メンテナンスが完了したものです。美しいデザインとうっとりする様な光沢で、新車にボディガラスコーティングを施工した後のようです。

 

作業内容は、以下で説明します。

 

②綺麗であっても、必ず超微粒子のコンパウンドで磨きます。雨染みや、その他の汚れを取り除いて、塗装面を完全な形に磨いていますので、光沢の違いを解かって頂けると思います。

 

アフターサービスでも磨きには、妥協しません。繰り返し、車全体を徹底的に磨き上げます。

 

③完全に脱脂した後に、アフター・メンテナンス液を塗布します。

 

直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる。この作業をパネル一面ごとに、繰り返します。

 

④室内の照明で発見出来なかった細かな部分を、ムラや拭き残しが無いか、見落としはないか、色々な角度から仕上げています。『黙々、コツコツと施工していま~す』

 

⑤マスキングを外して、アフター・メンテナンスが終了しました。うっとりする様な光沢の「ステップワゴンSPADAホワイト・パール」の完成です。

 

中古車でも磨きとアフター・メンテナンスで艶と光沢が増します。これで、また綺麗に乗れます。 

 

「今回は、ありがとうございました」

 

2021年

6月

02日

動画「マツダ3・100周年特別記念車」スノーフレイクホワイトパールマイカの磨き&ボディガラスコーティング

「マツダ3・100周年特別記念車」スノーフレイクホワイトパールマイカ

 

マツダ100周年特別記念車渾身のカスタム。ですね。

 

素晴らしい光沢と、存在感。鏡面状に磨き上げ、ボディガラスコーティングを施工しました。

 

長い緊張の時間が無事終了しました。 

 

「お車は、大切に扱わせて、頂きました。今回は、飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」

 

2021年

5月

29日

「マツダ・フレアワゴン」ボディガラスコーティング最終仕上げ

今回は、新車のマツダ・フレアワゴンの仕上げです。

 

外に出して、太陽光の下で、仕上げます。

 

マスキングを外して隅々を仕上げます。

 

ガラスコーティングが完全に硬化する前に、

 

ムラや拭き残しが無いか、色々な角度から仕上げています。

 

周囲の物を写しだす位鮮やかな鏡面仕上げです。

 

深みのある艶と綺麗な光沢です。

 

角度を変えて、ムラや拭き残しを仕上げています。

 

苦労の跡を解って頂けたら嬉しいです。

 

2021年

5月

26日

「マツダ・フレアワゴン」完全硬化型 ボディガラスコーティング

今回は、ECHELON NANO-FIL液をコーティングします。

 

脱脂後、水あめ状のNANO-FILをスポンジで塗布します。

 

塗布後3~5分乾燥させたら気持ち早めに拭き伸ばすように拭き取ります。

 

直線状にムラや隙間ができないように塗布。乾燥させたら拭き伸ばすように拭き取る。

 

ルーフも同じように塗布して拭き取ります。この作業をパネル一面ごとに、繰り返します。 

 

ムラや拭き残しが無いか?見逃しないか?と懸命に作業しています。

 

残っている、余剰分を完全に拭き取る。

 

ボディガラスコーティング直後の画像です。

 

光沢が倍増して、鏡面状の輝きです。

 

2021年

5月

23日

「マツダ・フレアワゴン」ピュアホワイトパールの徹底磨き

今回は、マツダ・フレアワゴン・ピュアホワイトパールの徹底磨きです。

 

超微粒子のコンパウンドを使用して、徹底的に磨きました。

 

「ベストの仕事をめざしていますので」

新車でもボディ全体を丁寧にみがきます。

 

磨きで、平坦な塗装面を作り上げます。毎回の事ですが、慎重に、細かく作業します。

 

磨き作業は、ボディコーティングの仕上がりと以降の持続効果を左右する土台作りです。

 

黙々とマツダ・フレアワゴンを磨き続けました。

 

磨き進める作業だけをしていました。

 

余計なことを考えずに作業だけに集中している。

 

バンパーなどの狭い場所は、エアーのミニポリッシャーを使って磨いています。

 

2021年

5月

22日

「マツダ・CX-5」スノーフレイクホワイトパールマイカの磨き&ボディガラスコーティング

①画像は、新車でしたが、深みのある艶となめらかな光沢の「マツダ・CX-5」のボディガラスコーティングが完了したものです。隅々と内側の仕上げも終り、綺麗な光沢と、存在感、ガラスコーティング前との外観の違いは、一目瞭然です。

 

作業工程は、以下になります。

 

②新車であっても、超微粒子のコンパウンドで、見落とした水垢やガードワックスの残り雨染み等をポリッシャーで丁寧に除去しながら、塗装面を整えます。

 

「磨き」で、平坦な塗装面を作り上げるのです。慎重に、細かく作業しています。

 

③次の作業は、しっかりと磨きあげて、鏡面状に、仕上がったボディに脱脂作業後、ガラスコーティングを施工します。

 

ガラスコーティング液をスポンジに含ませ、直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる作業をパネル一面ごとに、繰り返します。 

 

④ガラスコーティング液が硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか、一生懸命作業しています。最後の仕上げです。内側も仕上げます。

 

(硬化する時間との競争です)「無心になって、セッセ」と作業しています。

 

⑤マスキングを外して、「マツダ・CX-5」のボディガラスコーティングが終了しました。

 

「新車であっても、磨きとボディガラスコーティングで、美しさをより一層引き立たてます。鏡のような光沢です」

 

「今回は、ボディガラスコーティングを飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」

 

2021年

5月

16日

「マツダ・フレアワゴン」前処理・徹底的洗車&ゴム粘土作業

まず最初にタイヤとホイールを洗いします。タイヤハウスの内側も洗剤で洗います。

 

次は、高圧洗浄機で汚れを吹き飛ばします。タップリの水でボディを手洗いします。手早く、手ぎはの良い水洗い洗車です。

 

次の作業は、ザラつきをゴム粘土で、ツルツルにします。

 

キズにならないように、プロ用のゴム粘土を使ってたっぷりの水を出しながらの作業です。

 

水道のホースは、肩にかけて、ボディーにキズが付かないように、常に注意しています。

 

ボディーが濡れているうちに、スポットリマーで、雨染みを取ります。たっぷりの水でスポットリマーを流します。

手早く水分を拭き上げます。水分を拭き上げたら、エアーで水切りをします。

 

2021年

5月

15日

「マツダ3・100周年特別記念車」スノーフレイクホワイトパールマイカの磨き&ボディガラスコーティング

①素晴らしい光沢と、存在感。画像は、鏡面状に磨き上げ、ボディガラスコーティングを施工した。「マツダ3」中古車の完成車両です。

 

作業内容は以下で説明します。

 

②2020年9月登録の中古車です。塗装面についている。小キズやヘアースクラッチを除去する為に、シングルアクションポリッシャーを使用して、細目のウレタンで、微粒子のコンパウンドから丁寧に磨き始めました。

 

③次に、超微粒子のコンパウンドで、塗装面を整えます。磨きで、平坦な塗装面を作り上げます。毎回の事ですが、慎重に、細かく作業します。磨き!これがボディコーティングの最も重要な部分だと私は、考えています。

 

施工の良し悪しは、(磨きの良し悪し)で決まります。

 

④脱脂後、密封してあるガラスコーティング液を開封しまして、塗布します。直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる。この作業をパネル一面ごとに、繰り返します。

 

「素早く、確実に、適量をムラ無く塗布して拭き上げる為に、全力で作業しています」

 

⑤ガラスコーティング液が硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか、一生懸命作業しています。最後の仕上げです。(硬化する時間との競争です)

 

「毎日、地味に黙々セッセ」と作業しています。

 

⑥外に出して、太陽光の下で仕上げて、ボディガラスコーティングが終了です。思うのですが、この100周年特別記念車装備充実で、室内空間。威風堂々。輝く質感。

 

100周年特別記念車渾身のカスタム。ですね。

 

長い緊張の時間が無事終了しました。 

 

「お車は、大切に扱わせて、頂きました。今回は、飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」

 

2021年

5月

08日

「ホンダ・N-VAN」2020年式試乗車・ガーデングリーン・メタリックの磨き&ボディガラスコーティング

①「ホンダ・N-VAN」のガラスコーティングが終了しました。綺麗な光沢と、存在感、ガラスコーティング前との外観の違いは、あきらかです。手入れの大変な車こそボディガラスコーティングを施していただきたい思いです。

 

作業内容は以下で説明します。

 

②悪どいとしか言いようがありません。一年以上屋根のガードフイルムを貼ったままで、剥がれないのを知っていて、そのまま納車です。確信犯です。今の営業は、怖いですね~。はっきり言って「ゴミ」です。

 

③今回は、訳あり試乗車でしたので「磨き」は、最も重要な作業です。全体を粉砕型のコンパウンドで磨き始めました。画像のように、磨きでダメージを修復して、平坦な塗装面を作り上げます。施工の良し悪しもこの作業次第です。

 

 

 

コツコツと磨き進める作業をしている時は、何も考えていません。

 

④毎日コンパウンドを替えながら磨き続けて、ようやく最終の仕上げ磨きです。ポリッシャーを替え、コンパウンドも替え、車全体を慎重に、細かいバフとコンパウンドで最終の仕上げ磨きです。

 

オーロラ防止に車全体を慎重に、細かい磨きで仕上げています。

 

⑤脱脂後コーティング液をスポンジで塗布します。直線状にムラや隙間ができないように塗布。その後拭き上げる。この作業をパネル一面ごとに、繰り返します。

 

「素早く、確実な、施工が必要です」

 

⑥ようやく、長~い磨きとボディコーティングが、終了しました。外に出して、太陽光で、ガラスコーティングの拭き残しや、ムラがないか確認しながら、仕上げます。「室内の蛍光灯だけでは、気が付かない箇所が必ずあります」

 

 素晴らしい光沢と、存在感、加工前との外観の違いは、一目瞭然です。

 

⑦ボディガラスコーティング加工が終了しました。新車時の艶が蘇り、お手入れは水洗いだけで、OKです。デモカーでしたので、3年耐久です。

 

その間、塗装面の保護、汚れの固着を防ぎます。 

 

画像は、磨き&ボディガラスコーティングが無事に終了した安心感で、「ほっとしている時間です」

 

「今回は、ボディガラスコーティングを飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」 

 

2021年

5月

05日

動画「トヨタ・ノア(HYBRID)」新車・ホワイトパールクリスタルシャインの磨き&ボディガラスコーティング

ガラスコーティング液が完全に硬化する前に、ムラや拭き残しが無いか、毎回、色々な角度から仕上げています。画像は、仕上げ拭きの最中です。

 

内側とかガラスコーティング後のムラや拭き残しを二人で確認して仕上げています。

 

メッキ部分の雨染みも綺麗にします。

 

すべての作業が終了しました。磨き作業は神経を使いますが、シャープなデザインを際立させて、細部のディテールも完全に仕上げました。

 

無事にホワイトパールクリスタルシャインの磨き&ボディガラスコーティング施工が終了しました。

 

「今回もボディガラスコーティング専門店・・飯野自動車コーティングへ、ご依頼いただきありがとうございました」